国家資格のはり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師の資格を持つ代表が原因不明な不調も根本治癒へ

厚生労働省が認定している、直接的に施術業界で活用可能な国家資格は四つございます。それが、1)はり師、2)きゅう師、3)あん摩マッサージ指圧師、4)柔道整復師であり、そのうちのはり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家試験に合格した院長が、横浜で最新医学の観点から肩こり・腰痛や自律神経失調症などといった慢性化しやすい不調や自己免疫疾患や難病までも、根本から改善へと導いてまいります。そのための鍼治療院であり、ご来院くださる患者様が皆、最終的に健康になり笑顔でご帰宅いただけるよう、施術者として全力を尽くします。

よくある質問

  • Q.使用する鍼(はり)は使い捨てですか?

    当院で使用する鍼は、すべて日本製の使い捨てタイプで、1つずつ個別包装されております。非常に高い滅菌効果をもたらすエチレンオキサイドガスにより滅菌されたものですので、どうぞご安心ください。当院の治療では、刺鍼する直前に使用する本数のみを開封して使います。

    Q1_鍼
  • Q.予約は必ず必要ですか?

    予約制ですので、予約サイトから予約していただくか、お電話を下さい。緊急の場合はできる限り対応致しますので、まずはお電話を下さい。

    Q2_予約
  • Q.どういう疾患に有効ですか?

    全身を調整し、自己免疫機能を最大限に向上させる治療法ですので、心身(心の病にも適応)に変調を来す全ての疾患やケガに有効です。各種専門医で治らない疾患や手術後の不調などにもとても有効です。

    挙げたらきりがありませんが、一例を記します。

    中耳炎、外耳炎、耳鳴り、難聴、突発性難聴、メニエール症候群、花粉症、アレルギー性鼻炎、慢性鼻炎、蓄膿症、嗅覚異常、鼻づまり、顎関節症、味覚異常、三叉・顔面神経麻痺、浮腫み、顔面痙攣、頚椎ヘルニア、寝違い、頸髄腫瘍、頚部リンパ節異常、肩こり、肩関節周囲炎(五十肩)、骨折、腰椎ヘルニア、腰髄腫瘍、筋・筋膜性腰痛(ぎっくり腰)、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、外・内側上顆炎(テニス肘・野球肘など)、腱鞘炎、ばね指、へバーデン結節、坐骨神経痛、変形性膝関節症、外反母趾、捻挫、食中毒、糖尿病、冷え性、高コレステロール、膠原病、リウマチ、浮腫、、慢性便秘下痢、人工透析中の通院、不安症、食欲不振、喘息、アトピー、蕁麻疹、子宮筋腫、卵巣のう胞、不妊症、ノイローゼ、対人ストレス、運動能力の向上、芸術能力の向上、パーキンソン病、アルツハイマー病、ダイエット、拒食症、甲状腺異常、内分泌腺疾患、言語障害、手術後の不調、免疫疾患、糖尿病、線維筋痛症、難病

    Q3_難病
  • Q.どういう治療法ですか?

    手術や薬などに頼らず、科学的でしかも自然な治療法です。ヒトが持つ筋肉反射を利用し患者の内部を診察していきます。人体の司令塔である脳から脊髄にかけて調整されるので各種の障害に効果を上げることができます。

    ヒトが本来持ち備える自然治癒力を高め健康を維持することを目的とします。

  • Q.妊娠中、若しくは出産後でも治療は受けられますか?

    まったく問題なく当院の治療を受けられます。

    ※ 鍼刺激は一般の方が思っている以上に強い刺激ですので、すべての鍼治療が妊婦さんに適しているわけではありません。経絡治療など、出産後半年~1年は受けられない治療法もあります。

    Q_妊娠
  • Q.みはな鍼治療院さんの治療で、1~2ヶ所に1~2ミリしか鍼を刺さなくて効果はあるのですか?

    たくさんの鍼を深く刺したほうが効果があると思いがちですが、鍼と言えど身体にとっては異物ですので、逆効果です。数えきれないほどの臨床経験により、最小限の刺激だからこそ、最大の効果を発揮する、現在の治療法に至りました。

    ちなみに数日刺しっぱなしにする置き鍼というのがありますが、絶対にお勧めしません。

    Q_効果_page-0001
  • Q.子供にも鍼を刺しますか?

    小学生以下のお子様には、刺さない鍼(てい鍼)を使用します。もちろん効果に遜色はありません。大人の方でも、鍼が苦手な方はてい鍼を使用ますので、申し付けください。

  • Q.鍼を刺すときは痛いですか?

    当院で使用する鍼は髪の毛ほどの細い鍼を1~2ミリ刺すだけですので、ほとんど痛みを感じません。顔に刺鍼する美容鍼と同じ細さのものですのでご安心ください。

    痛み_page-0001

施術業界の良いところでもありネックなところでもあるのが専門的な資格や実績がなくても開業できるといった、ハードルの低さです。事業を気軽にスタートできる一方、その分お患者様側にとっては似たような施術院ばかりで、どこが不調の根本緩和に向け適した施術を実施しているのか、判別を付けるのが困難である、といったデメリットがございます。施術院の候補がたくさんあり過ぎて、慢性的な不調にかなり苦しんでいる日常から抜け出すための施術院選びの基準がわからない方に、一つおすすめの基準がございます。

それが、国家資格の有無をホームページのプロフィールページ等で確認することです。国家資格がある≒不調を根本緩和できると言い切れるものではありませんが、一つの判断基準として知っておくと便利かもしれません。院長もまたはり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師という国家資格を持つ施術者であり、最新医学の観点から慢性的なこりや痛みを根本改善へと導いてまいります。