アトピー性皮膚炎で悩む、十代男性患者

query_builder 2021/10/04
ブログ
アトピー

今日は、アトピー性皮膚炎について。子を持つ親御さんは、かなりの確率で子供のアトピー性皮膚炎に悩まされています。通常、アトピー性皮膚炎の患者さんは、皮膚科に通院します。ですが、皮膚科の先生から、薬物治療ではアトピー性皮膚炎は完治しないと言われたことがありません。実際、何年も皮膚科に通い、ステロイド薬を塗布しても、やめれば元に戻ってしまいます。最初は、軽いステロイド薬から始まり、だんだんと強いものに変わっていきます。その度に、お母さんは、まだこのステロイド薬は軽いほうだと自分に言い聞かせてしまうのではないでしょうか⁉
大勢のアトピー患者の治療を行っていることで有名になっている医師が、環境汚染の続く限りどんな強いステロイド軟膏を塗ろうと、軽い軟膏を塗ろうと、塗ったら良くなり、やめたら悪くなるのが当然だ! 私は治療をやめて完治したアトピーを見たことがないと、自らの著書の中で語っている。
アトピー性皮膚炎について、現代医学では解明できていない。分かっていることは、皮膚バリアー機能の低下と免疫のIgEが関与しているということくらいであろうか。
先日、十代の男性患者がアトピー性皮膚炎で当院に来院した。私が見るところ、そんなに重度のものではない。目の周りにアトピーの症状が出て、いつもならステロイド薬を塗るのだが、できれば、薬剤を塗布したくないとのことだ。この症状が出ると、しばらくステロイド薬を塗布しなければ改善しないとのことで、今回が初めてではないようだ。
私は、いつも通りの治療を開始する。神経を集中させ、TRテストで身体の奥深いところまで診察をしていく。彼への刺鍼は後頭部に1ヶ所の刺鍼だった。
翌日の夕方、彼と偶然近くのスーパーであった。私は目の周りのアトピー症状をすぐさま確認した。うっすら赤みがある程度で、言われなければ気付かない程度になっている。しっかりと治すために、近日、もう一度来院するように告げた。彼曰く、かゆみも違和感もほどんどないとのことだ。
お子様のアトピー性皮膚炎でお悩みのお母さん。アトピー性皮膚炎は薬を飲んでも塗布しても、改善して完治はしません。ステロイド薬を塗布している時だけ、症状が和らぐだけです。これを続けていたら、必ず肝臓や他の臓器に影響が出てきます。アトピーを改善するには、しっかりとした自己免疫機能を持つ以外ありません。私の鍼治療が、アトピー性皮膚炎を治すのではありません。患者の低下した自己免疫機能を最大限に向上させるのが私の鍼治療の神髄です。

記事検索

NEW

  • 12月26日(月)休診のお知らせ

    query_builder 2022/10/31
  • 新規患者様に割引特典

    query_builder 2022/10/30
  • 当院の診察及び検査の基礎はカイロプラクティックの考え

    query_builder 2022/04/13
  • 根本治療とはどういうことか?

    query_builder 2022/04/08
  • 頭痛により吐き気を伴い来院

    query_builder 2022/02/02

CATEGORY

ARCHIVE