新型コロナウイスルが蔓延しているので、細菌・ウイルスやワクチンについてのお勉強

query_builder 2021/10/28
ブログ
細菌とウイスル

今日は、細菌・ウイルスやワクチンについて、すごく簡単にして書きたいと思います。なかなかいまさら聞けない事が多いですが、かといって調べるのも面倒だし、、、くらいな方に向けた内容にします。

まず、細菌とウイルスの違いは? 細菌は名称に〇〇菌とつくものです。ブドウ球菌、大腸菌、コレラ菌などがあります。ウイルスは、〇〇ウイスルとなります。インフルエンザウイルス、ノロウイルス、肝炎ウイスルなどです。DNAとかRNAとかの違いもあるのですが、ここは飛ばします。ウイスルは単体では生きていけないので、生き物の細胞に入り込んで増殖を行います。逆に細菌はそこそこの条件が揃えば、単体で生きて増殖をすることが可能なのです。ですから、食中毒など食べ物に付着して増殖できるのは細菌類なのです。ブドウ球菌やサルモネラ菌、ボツリヌス菌などですね。聞いただけでお腹が痛くなりそうです。
では、大きさはどうでしょうか? 小さいほうから記載しますが、ネットで調べるとマイクロメートル(μm)とかナノメートル(nm)とかで、感覚的にわからないので、新型コロナウイスルを1ミリと考えてみます。


新型コロナウイスル  1mm  ゴマ粒
細菌         1cm  ビー玉
ヒトの細胞       10cm  ソフトボール
髪の毛           1m     大木


かなり大雑把ですがこんな感じになります。この理論でいくと、身長は17,000メートルにもなります。大きさのたとえがないので、顔の大きさで例えると、おおよそ富士山くらいでしょうか⁉ 富士山の大きさの顔に1メートルの髪の毛が生えていて、1ミリのウイルスが侵入する。防ぎようがありません(汗)
いくら小さいとはいえ、ヒトには免疫システムがありますので、感染はしても、そう簡単に病気を発症することはありません。口や鼻から入ったウイルスは肺で白血球とリンパ球にやられてしまいます。しかし、新型コロナウイスルの感染経路は、口や鼻(食べ物や呼吸)はもちろんですが、髪の毛や体毛の毛穴からも侵入するのではないかと私は考えています。
そして、ワクチンについてですが、意外に勘違いしていることですが多いのですが、ワクチンが病原菌を阻止するのではありません。
ワクチンには生ワクチン、不活化ワクチン、トキソイドと今回の新型コロナウイスルに対応した遺伝子(mRNA)ワクチンとウイルスベクターワクチンがあります。ちょっと難しい名前が出てきてすいません。しかし、これらのワクチンが体内に入ったとき、どのワクチンも目的は同じです。体内に疑似ウイルス(菌)を入れて、免疫システムに抗体を作らせることです。次にそのウイルス(菌)が入って来た時に、抗体があるので、発症しない、若しくは重篤化しないというものです。色々書きましたが、私はワクチン不要論者ではありません。ワクチンを接種しても病を発症するということは、人間がまだまだ分かっていないシステムがあり、デメリットを考えると慎重になる必要があるという考えです。ワクチン接種をしても、最終的にはヒトの持つ免疫システムがいかに重要かということが理解できたのではないでしょうか⁉
500万年の人類の歴史上、ワクチンはイギリスのジェンナーが作ってから200年そこそこです。1日でも早い終息を迎え、5年後、10年後にはコロナウイスルなんて怖くないなんて時代が来てくれることを切に願います。

記事検索

NEW

  • 当院の診察及び検査の基礎はカイロプラクティックの考え

    query_builder 2022/04/13
  • 根本治療とはどういうことか?

    query_builder 2022/04/08
  • 頭痛により吐き気を伴い来院

    query_builder 2022/02/02
  • 太ももの痺れ、それは外側大腿皮神経かもしれません!

    query_builder 2022/02/01
  • 膝裏の痛み

    query_builder 2022/01/28

CATEGORY

ARCHIVE